"Three to get ready"久しぶりに聴いていました

1959年に録音されたピアノのDave Brubeck Quartetの、商業的にもいい感じだったアルバム"Time Out"からは、あのTake Fiveがとくに有名になりましたが、このアルバムにはTake Five以外の曲も実験的なアレンジの曲が多く、この曲もそんな実験的な曲の一つです。。。それにしてもどの実験的な曲もすべてナチュラルに聞こえるのは、カルテットの素晴しさとやはりアルトサックスのPaul Desmondの「自己表現力」のすごさ♪

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic