先週の東京倶楽部


先週の東京倶楽部、素晴しいお客さまに恵まれありがとうございます!

「こういうジャズを聴きたくなる時があるんですよ。」というあるお客さんのことば。

1950年当時、ジャズの興隆のけん引役でもあったBe-Bopというスタイルとcool jazz。 それぞれのスタイルを語るならCharlie ParkerチャーリーパーカーとPaul Desmondポール・デズモンド というふたりの対照的なアルト奏者は外せないですね。

演奏スタイルは対照的ですが、パーカーは、ポールの楽器を借りて吹いていたり、ポールはパーカーのアドリブフレーズを吹いて見せた。という話もあります。

同じ時代に生きた多様なスタイルのジャズ。おたがいの個性が違うからこそ、お互いが引き立つ。

ハイカロリーな食事もいい(私もすきです)けれど、日本料理や地中海料理も食べたくなる、ということですね。

次回の都内演奏は、、 5/29 TUE 東京倶楽部 水道橋店 5/31 THUR 池袋JAZZ BAR HOT PEPPER alt sax Kenichi Fujiwara藤原健壱 guitar TomooYamaguchi 山口友生

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic