先週の大阪グラバー邸は、、、

多彩なご来場の中、お若い頃にタイムリーにBud ShankバドシャンクやArt Pepperアートペッパーのサウンドに触れられ、以降ジャズサウンドを聴いてこられたというお客さんとお話しさせていただき嬉しい出会いに感謝でした。

私よりもひと回りの大先輩でいらっしゃいましたが、クールだけれども温かくもある、、そんなたたずまいのそのかたは、まさにウエストコースト系のジャズサウンドそのものでした、、。

この系統のジャズは、実は20歳あたりの方からの支持も多く、年齢層が広く、今後ますます楽しみですね♫

当日のカルテットはピアノ藤嵜圭里、ベース芝田奨、ドラム上野泰宏のサウンドで次回は秋にお届けします♫

Bud Shankの音源を、、♪

"Moonlight in Vermont"

Bud Shank Quartet at the California Institute of Technology (1956)

Personnel: Bud Shank (alto sax), Claude Williamson (piano), Don Prell (bass), Chuck Flores (drums)

Pacific Jazz Records

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic