6/25TUE 東京倶楽部・水道橋店

50's当時のジャズの流れとして、be-bopと、westcoast jazzという大きな動き。。

前者は、アルトサックスのCharlie Parkerの演奏に尽きますね。

後者はトランペットのChet BakerやアルトサックスのPaul Desmondに見られるように

be-bopの定石(established tactic)とはまた違った発想でメロディーを奏でるプレーヤーが多かったですね。

alto sax Kenichi Fujiwara piano Naoharu Omura bass Tetsuya Omori

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic